御園生 継介

仕事にも面白みを見出そう!

御園生 継介Misonou Keisuke

一般職 | 東京共配センター

INTERVIEW

introduction

INTRODUCTION

埼玉県出身の新卒2年目。持ち前の愛嬌でセンターの中でも可愛がられています。
トラブル対応も様になり、どんどんと頼れる存在に!

物の流れを知れる面白さがここにある

就職活動中は「自分が仕事をしていて楽しいと感じるか」を軸に、様々な業界を見ていました。その中の一つに物流業界がありました。 私たちは日々何気なくネット通販を利用し、様々な物を購入しています。しかし、それが出来るのは配送している方々のおかげです。 コンビニに並んでいる食品も誰かが毎日運んでくれています。コンビニには大変お世話になっているので、食品が並ばなくなってしまうことは想像が出来ません。 そんな物の流れの始まりを見たくてアサヒロジスティクスに入社しました。

大事なことは視野を広く持ち、率先して動くこと

入社当時は不安もあり、何をしたらいいか分からない状況でした。 しかし、1年が経った今は全体の流れが掴めるようになり、少しずつ視野が広がってきたので急なアクシデントにも対応できるようになりました。 先輩にとても視野が広く小さいことでもすぐに気がつく方がいて、その先輩の行動を毎日見ることで自己の糧にすることができました。そばに尊敬できる人がいるのは自分の成長できる環境としては良い場所であると感じました。 また、知らないことがあった時に聞ける環境があるおかげでもあります。 配属先である東京共配センターは社員、作業スタッフ、ドライバー共に仲が良く、とても働きやすいです。 また、知らないことがあった時に聞ける環境があるおかげでもあります。 配属先である東京共配センターは社員、作業スタッフ、ドライバー共に仲が良く、 とても働きやすいです。

会社のサポートによって私生活も充実!

物流業界に興味はあったのですが、やはり体力的にきつい、福利厚生について 不安なことがありました。しかし、住宅補助や休暇などとても充実しており、ストレスなく働けています。有給休暇に関しては、誰がいつ取得するかが決められており、取得しづらい雰囲気などはありません。 そして自分は大学まで実家暮らしだったので、入社後は初めての一人暮らしでした。 住宅探しを今までやったことがなかったのですが、会社側から複数の物件を提示していただき大変助かりました。

やってみないと分からない!まずはチャレンジ!

物流業界はまだまだ男性の職場というイメージが強いです。 しかし、世の中における物流の動きが分かる、とても面白い業界でもあります。体力面など色々心配な事は多いかと思いますが、やってみないと分からないことは沢山あります。 まずは、チャレンジしてもらいたいです。 アサヒロジスティクスは、作業スタッフや社員向けに保育園を作り、働きやすい環境を積極的に作っています。また、65期のスローガンには「チームでホンモノを目指そう」を掲げ、その中に女性の働きやすい環境を積極的に作っていこうという意味も込めています。 女性の方でも興味ある方はぜひ来ていただきたいです。

schedule

schedule

  • 08:00
    出勤

    メールチェック 構内作業配置確認

  • 09:00
    お客様対応

    電話応対 入庫時イレギュラー対応

  • 11:00
    作業管理

    出荷作業等の現場指導

  • 13:00
    朝礼

    あいさつの心得・経営理念・スローガン唱和  連絡事項伝達

  • 17:00
    退社

    業務終了 退社

休日の過ごし方

休日の過ごし方

私は食べることが好きで友人と外食に行くことが楽しみです。
まだ行ったことのない良い感じの店を見つけたいです。